お問い合わせ

お知らせ・新着情報


お船まつり本番

お船と呼ばれる大人船2艘と子供船3艘が引き出されて

にぎわうお船まつり。内陸部の祭りになぜ船?と

古代ファンの話題にもなっているこの祭り

穂高駅前には子供船が鎮座しています。

お船の舞台には時代絵巻を思わせる穂高人形が飾られ

前側の男腹(おばら)と呼ばれる部分には男性の着物が後方の

女腹(めばら)と呼ばれる部分には女性の晴着がかけられます。中学生の子供達が着物をかけています。

着物を奉納した人は丈夫に育ち、健康になるといわれて

います。

この後、お囃子と、ともに穂高神社へ引き出されていきます。


いよいよ明日は御船祭り

街角では、御船祭りに向けての準備が佳境を迎えています。

御船の制作の最終段階である飾り付けの真最中。毎年手作りされる穂高人形のデザインも楽しみですね。

早くも今夜から宵祭りが始まります。明日の本祭りは、昼頃より各地区から穂高神社へと御船が向かい、境内にて15:00より神事が執り行われます。クライマックスとなる御船同士のぶつけ合いもお見逃しなく。


りんご狩りが始まりました

実りの秋、果物狩りの秋。りんご狩りが始まっています。これから時期によって様々な品種が登場し、11月末まで楽しめそうです。

もぎ取り体験は以下の農園でできます。必ず事前に各農園に直接お問い合わせください。

●あづみ野フルーツランド 090-4161-9120 http://www.azumino-fruitland.com/index.html

●安曇野加藤農園 0263-76-3162 http://www.azuminokatou.com/

●安曇野観光果樹園 0263-77-2975 http://www.azm.janis.or.jp/~azumino3/


9/29(日)安曇野観光草競馬大会

第45回を迎える安曇野観光草競馬大会が開催されます。予選レースは9:30スタート。場所は安曇野市穂高牧の安曇野市営牧運動場。詳細はこちら→http://www.city.azumino.nagano.jp/event/moyoshi/kusakeiba44.html


9/27(金)穂高神社御船祭り

穂高神社の御船神事例大祭「御船祭り」が9月27日(金)に執り行われます。古代北九州で海運を司っていた安曇族に由来し、その祖神(おやがみ)である海神を祀る伝統行事です。毎年新たに組まれる大小5艘の木の船が、安曇野市穂高の各地区より神社に曳き入れられ、例年15:00頃よりお祭りの佳境となるお船同士のぶつけ合いが始まります。その迫力はもちろん、各お船を飾る穂高人形も見応えがあります。

このお船祭りに合わせたガイド付きツアーもありますので是非ご参加ください→穂高神社御船祭りツアー


秋山

先週末の燕岳の様子です。コマクサがまだ少しは咲いていましたが、草紅葉の色づきも進んですっかり秋の装いです。9月下旬ともなるといつ雪が降ってもおかしくない季節になりますので、慎重な行動を心がけたいですね。

安定した天気が長続きしない今年の夏、登山を見送っていた方が多いのでしょうか、9月に入ってからも登山者が多いようです。これから3連休が2週連続でやってきます。登山の予定を立てている方も多いのではないでしょうか。


稲刈りが始まりました

たっぷりとお米を実らせた稲穂が金色に輝く季節になりました。今年は少し早く、稲刈りが始まった田んぼもあるようです。見学の際は、田んぼへの立ち入り厳禁はもちろん、作業車や人も多く出ていますので、お邪魔にならないようご配慮ください。


そばの花が終盤を迎えています

そばの花が次第に茶色い実に変わりつつありますが、まだまだ白いじゅうたんが広がっている場所もあります。広域農道(県道321号)沿いですと、HAMAフラワーパークやお菓子の開運堂付近に多くありますので、駐車される場合はお買い物をお忘れなく! また、碌山美術館の北西にあるおそば屋さん「上條」の前を南北に走る道路沿いでも見られます。


りんごがたわわに実っています

 

安曇野が誇る特産の1つ、りんごが丸々と太ってきました。三郷地区には広大なりんご畑が広がっています。メインの品種サンフジは11月頃からの収穫なのでまだまだこれからですが、早い品種のサンつがるなどはすでに出回っていますので、もぎ取り体験や直売所でのお買い物をお楽しみください。


12
ページの先頭へ
当サイトについて
Copyright © 2011-   一般社団法人 安曇野市観光協会 All Rights Reserved.