拾ケ堰が世界かんがい施設遺産に登録されました!

みなさんこんにちは(^^)v 安曇野は毎日寒い日々が続き、北アルプスも本格的な雪化粧になりました\(◎o◎)/!

松本市を流れる奈良井川を起点として、安曇野市の烏川を終点とする 農業用水路「拾ケ堰」が11月に「世界かんがい施設遺産」に登録されました(●^o^●)

この制度は平成26年に始まり、建設から100年以上を経過した農業用水路やため池などが選考対象となり、

拾ケ堰は今年見事に200年を迎えています(^^)v

拾ケ堰は歴史的な背景や観光スポットがたくさんあり、見どころ満載です。

観光協会では拾ケ堰ウォークも企画予定ですので、楽しみにしていてください(=^・・^=) sceneryspring-9-400x267