塩の道(旧千国街道)

古い民家や土蔵が点在

松本と糸魚川を結び大糸線と平行する千国街道は、江戸時代には越後で松本街道とも呼ばれていました(約130㎞)。別名「塩の道」とも言い、上杉謙信が武田信玄に塩を送ったことで有名な街道です。
穂高には宿場町「保高宿」がありました。今でも古い民家や土蔵が点在しています。

神社・仏閣・文化財 穂高駅周辺