拾ヶ堰 じてんしゃ広場

拾ヶ堰じっかせぎは、1816年(江戸後期)灌漑のために作られた農業用水路。採水口からほりがね道の駅までは北アルプスに向かって流れ、のどかな田園地帯を形成しています。「やまびこ自転車道」が併走しているので、サイクリングやウォーキングにも最適です。
※広場に駐車場はありません。

公園・緑地 堀金・三郷

最新の情報は、公式サイトなどで御確認下さい。