穂高神社の御船まつり

穂高神社の御船祭が9月26日・27日に開催されます。 27日には船型の山車に穂高人形を飾った大小5艘のお船が笛や太鼓の囃子(はやし)にのり、氏子衆によって神社へと曳き入れられ、境内を練り、神前を曳き廻るうちには、お船を激しくぶつけあいます。御船祭のお船は、子供船と大人船とがあり、なるの新木を用いて毎年組み立てられます。 男腹(おばら)、女腹(めばら)には着物が何十枚も掛けられ船上には穂高人形が飾られます。着物の持ち主は、一年間健康で過ごせると言う信仰も。 お船の起源は穗髙神社の祭神が安曇族の祖神(おやがみ)である海神をお祀りし古代北九州に本拠があった安曇族は海洋に親しみ海運を司っていたこと、大将軍安曇比羅夫の船師を率いての百済教援、又氏族の朝廷での活躍などで、平安時代の標山室町時代の神座の山車等に原形を見ることができます。是非、大人船のぶつかりあう壮大な迫力をご堪能ください。

2018.09.25 四季のトピック観光スポット体験