「おしゅん」朗読会と貞享騒動を学ぶガイドツアー

貞享3年(1686年)松本藩(藩主:水野忠直)で起こった年貢にかかる騒動を学びます。近隣の高遠領・諏訪領の年貢が籾1俵が米二斗五升挽に対し松本藩では三斗挽と重税を課せられ農民は仕方なく耐えていました。不作が続き困窮を極めていたこの年、藩は三斗四・五升挽と、「のぎ踏磨き」を命じました。過酷な年貢の引き上げに身を挺して農民を救おうと多田加助を首領とする同志たちが高遠・諏訪領並みに年貢を減免するよう郡奉行へ訴え出ました。これを知り加勢した万余の農民が鍬鋤を手に松本城下へ押し寄せる大騒動となりました。

期日
11月23日(金・祝)
申込締切日
11月13日(火)
集合場所
貞享義民記念館前駐車場
集合時間
8:00
参加費
4,000円
募集人数
20名
最少催行人数
15名

お申し込みフォーム


参加日月 
 複数日で開催されるツアーの場合は必須
お名前 (必須)
生年月日 (必須)年 月 
メールアドレス (必須)
確認用メールアドレス (必須)
郵便番号 (必須)
ご住所 (必須)
電話番号 (必須)
他の参加者・備考下に代表者以外の参加者全員の「名前」「住所」「電話番号」「生年月日」を必ず記入してください(保険で必要なため)。