三九郎

小正月に各地区で行われる三九郎。正月飾りやだるまなどを大きなやぐら状に組んで一斉に燃やし、無病息災を願う伝統行事です。他の地域では「どんど焼き」と呼ばれることが多いですが、中信地方では「三九郎」。

穂高神社では1月13日(月)に行われます。境内には既にやぐらが組まれ、たくさんのだるまが奉納されていました。これから地域の子どもたちが家々を回って、たくさんのお飾りを集めてくるのでしょう。13日は、午後1時から餅つき、2時頃に点火予定です。

三九郎に欠かせないのが「繭玉(まゆだま)」。養蚕が盛んだった地域ならではの縁起物なのでしょう。米粉で作った紅白のお餅を小さく丸め、柳の枝にさして三九郎の火であぶって食べれば、一年元気に過ごすことができると言われています。

昨日は久しぶりにまとまった雪が降り、だるまさん達も寒そう。神社の池もこの通り凍っていました。境内も残雪が凍結して滑りやすい個所がありますのでご注意ください。

2014.01.10 イベント・コンサート未分類