「サン・トノーレ」の安曇野あんしん旅の取り組みインタビュー

森の中のベーカリー、サン・トノーレでは、天然酵母パンやデニッシュ、菓子パンなど、自然素材を使って 毎日食べられる家庭的なパンを販売しています。

オーナー手づくりで建てたテラス席のカフェでは、焼きたてパンなどのブランチやランチをお楽しみいただけます。

デニッシュパンや食パンに季節の果物を挟んだフルーツサンドは地元紙にも取り上げられるなど、人気を集めています。

 

本日はサン・トノーレ代表の横山さんにお話を伺いました。

 

― サン・トノーレのおすすめポイントは何ですか?

天然酵母を使い、手作りするパンたちはたくさんのこだわりが詰まっています。

パンそれぞれに合わせた小麦を選び、低温環境で仕上げたパンたちはふわふわ柔らかい食感が楽しめますよ!

おすすめはオープンからのロングセラーのクロワッサンやサクサク食感のラスク、最近ではフルーツサンドも人気です。

 

― サン・トノーレで取り組んでいる感染対策を教えてください

アルコールや換気や消毒などの感染対策に加え、店内の人数制限も行っております。

イートインスペースでは、席を向かい合わせにならないように配置しています。また、テラス席も開放し、緑豊かな開放的な空間の中で召し上がっていただけるようにしています。

 

― コロナ渦後、心がけているおもてなしはありますか?

今までは「いらっしゃい」というお声掛けだけでしたが、「こんにちは」とお声掛けするようにしています。「いらっしゃい」よりも「こんにちは」のほうが、言葉のキャッチボールが始まり一言で距離が縮まる気がします。

マスクやビニールカーテン、ソーシャルディスタンスで離れてしまった人との距離が少しでも縮まればいいなと思っています。

 

 

- 安曇野にお越しになるお客様へ一言お願いします。

これから、安曇野は緑が豊かでとてもいい季節になります。

コロナ渦の大変な状況ではありますが、自然豊かなテラスでパンとコーヒーでほっと一息いかがでしょうか?

 

サン・トノーレ公式HP↓↓↓

サン・トノーレ/安曇野にある焼きたてのパンとカフェのお店 (azumino-sainthonore.com)

2021.06.11 あんしん旅 参画施設あんしん旅