信州安曇野田んぼアート

安曇野に田んぼアートがやってくる!!

2019年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺[ばなし]~」は、五輪と日本人をテーマにした庶民の物語。その「いだてん」で、日本人で初めてオリンピックに出場したマラソンランナー金栗四三を演じ、主役を務めるのが歌舞伎俳優・中村勘九郎さん。

中村勘九郎さん演じるマラソンランナーをモチーフにして何種類かの色の稲を植え、「あづみの田んぼアート」の絵柄にして描きます。
安曇野スイス村前で、北アルプスと屋敷林を背景にして、観覧展望台よりご覧いただけます。
どんな田んぼアートが描かれているのか、是非見に来て下さい。

チラシPDF

関連イベント

6月1日(土) 中村勘九郎×有森裕子トークショー(信州安曇野ハーフマラソン前夜祭)

田んぼアートが一番見ごろの時期は・・

7月中旬~8月中旬が、稲が隙間なく生育し発色も良くアートとして最もキレイに見える時期です。

8月下旬以降は生育が進み、色合いが変わります。その変化も「田んぼアート」の魅力です。季節によって表情を変えるアートをお楽しみください。

団体予約の申込書はこちら

(参考)2010年の青森県田舎館村の田んぼアートの写真です

田舎館田んぼのアート - panoramio (2)