信州安曇野田んぼアート 2019 第5回記念信州安曇野ハーフマラソン特別企画会場 安曇野スイス村6月2日(日)~9月29日(日)

展望台から観覧できる期間:6/15(土)~9/28(土)

本年の田んぼアートは終了致しました、多数のご来場有難う御座いました。

また来年も安曇野にお越しください!

今年のテーマは 大河ドラマ「いだてん」

中村勘九郎さん演じるマラソンランナーをモチーフに田んぼアートに挑戦!

2019年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」は、日本人とオリンピックの歩みを、庶民の目線をまじえて描く物語。その「いだてん」で、日本人で初めてオリンピックに出場したマラソンランナー金栗四三を演じ、主役を務めるのが歌舞伎俳優・中村勘九郎さん。中村勘九郎さん演じるマラソンランナーをモチーフにして何種類かの色の稲を植え、「あづみの田んぼアート」の絵柄にして描きます。
安曇野スイス村前で、北アルプスと屋敷林を背景にして、観覧展望台よりご覧いただけます。どんな田んぼアートが描かれているのか、是非見に来て下さい。



田んぼアートとは?

田んぼアートは、水田をキャンバスに見立て、色の異なる稲を使って巨大な絵や文字を描き出します。
葉や穂が緑や紫、黄色などに育つ古代米などの苗を、設計した配列に作付けして、成長したときに水田に巨大な絵柄や文字を浮き出させます。稲が成長するに従って鮮明な絵柄が現れ、時期により色合いの異なるアート絵柄が稲刈りまで観賞できます。
大規模なものの多くは斜め上から見る前提で図案を設計し、これに基づいて遠近を考慮して植えられています。ここ安曇野では、6m余高さの観覧展望台より90アールの水田に植えられた「田んぼアート」をご覧頂けます。

〔参考〕青森県南津軽郡田舎館村の田んぼアート
田舎館田んぼのアート - panoramio (2)
いろんな色に育つ古代米

お知らせ

Instagram

第5回記念信州安曇野ハーフマラソン特別企画


開催情報

観覧期間
展望台見学時間
6/157/129:00~17:00
7/138/318:30~19:00
9/19/289:00~17:00
※最終入場は終了時間の30分前です。

田んぼアートが一番見ごろの時期は

7月中旬~8月中旬が、稲が隙間なく生育し発色も良くアートとして最もキレイに見える時期です。8月下旬以降は生育が進み、色合いが変わります。その変化も「田んぼアート」の魅力です。季節によって表情を変えるアートをお楽しみください。

展望台料金

個人
団体
大人(中学生以上)300円250円
小人(小学生)100円70円
未就学児童(小学生未満)無料無料
※団体:有料入場者15名以上 ※団体については予約が可能です。

チラシ
ダウンロード

団体予約申込書
ダウンロード

会場

安曇野スイス村
安曇野市豊科南穂高5555-1 Google Map
中央・長野自動車道 安曇野インター 直進3分

駐車場について

マイカーでお越しの方へ

安曇野スイス村エリア(ドライブイン・サンモリッツ・そば処こばやし・ハイジの里・スイス村ワイナリー・ホースランド安曇野・中信紙工)800台収容の駐車場をご利用ください。
※上記エリアで、年間イベント等開催する場合には駐車をご遠慮願います。
※ドライブインのバス専用駐車場並びに高速バス利用者専用駐車場には、駐車できません。
※観覧期間中は、係員・警備員の指示に従ってください。

団体バスでお越しの方へ

会場内に無料の団体バス駐車場(事前予約制)を準備しております。
※事前予約については 団体予約 をご覧ください。

公共交通でのアクセス

穂高駅からあづみの周遊バスで約20分です。詳しくは チラシ をご覧下さい。

主催・共催者

主催

信州安曇野田んぼアート実行委員会/安曇野市・NHK長野放送局

協力

・青森県田舎館村 ・山本篤氏 ・工藤浩司氏
・地方独立行政法人青森県産業技術センター
・信州安曇野ハーフマラソン実行委員会 ・長野県南安曇農業高等学校
・長野県松本農業改良普及センター ・安曇野市建設業組合(順不同)